一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>法学部

法学部について

 一橋大学法学部は,本学のリベラルな学風の下で,豊かな人権感覚と社会的公共性に裏打ちされた法学の専門的素養と国際的洞察力を兼ね備える人材を育成することを目標としています。

 社会科学の研究総合大である一橋大学において,法学部は,早くから幅広い教養と社会科学の総合的視野に基礎づけられた専門人の教育に努めてきました。法学部の専門教育は,法学と国際関係を二つの柱としています。法的な論理的思考力と優れた国際的感覚を同時に涵養することは,法化社会の進展とグローバリゼーションに対応し,将来にわたり日本と世界の自由で平和な政治経済社会の構築・改革に寄与する人材の育成につながると考えています。

 本学部では,このような人材を社会に送り出すことを目標として,①国内外を問わず,あらゆる社会において生じる多様な問題に対して幅広い関心を持つとともに高い知見を備え,②歴史や先人の智慧に学びつつ,現代社会に内在するさまざまな利害や意見の対立を多角的かつ論理的に分析する能力を備え,③将来を志向した公正で衡平な解決策を主体的に構想し,④多様な立場や考えを受け止めつつ,自らの考えを説得力をもって明瞭に伝える能力を習得した者に対して,学士課程の学位を授与します。

(ディプロマ・ポリシー)