一橋大学大学院法学研究科法学部

学生の自発性・積極性を大切に育む

行政法ゼミ 髙橋 滋教授

 行政法全般を学習するゼミです。3年次の最初は、導入として基礎的なテーマに関する学術的な文献を読み進めることにしています。判例の分析を開始するのは3年次の夏頃から。具体的には、判例の分析・検討を討論形式により行ってきました。①行政法の基礎知識を確実なものにすること、②判例が具体的紛争をどのような論理を用いて裁断したかについて、丁寧な分析をもとに読み取る作業を通じて、文献の読解力・法的思考能力を養成すること、を目指します。加えて、過去には、他大学とのディベートや、官庁・施設見学も実施しました。
 4年次後半については、卒業論文の指導を行います。学生は、全ゼミ生の前で複数回中間報告を行うこととしており、卒論提出後にパワーポイントを用いた発表会も開催します。
 ゼミの運営では参加学生の自発性を重視しており、学習・行事に積極的に参加する学生であるか否かを、ゼミの選考基準としています。