一橋大学大学院法学研究科法学部

入試情報

 一橋大学大学院法学研究科は,一橋大学研究教育憲章がうたう本学の使命・研究教育の理念と基本方針を踏まえ,法律学・国際関係論の分野における新しい「知」の創造を通じて,日本社会・国際社会に貢献することを目標としています。そして,本研究科は,先端的・学際的な研究を遂行できる研究者を養成する一方,高度な知識・能力を備えた専門的な職業人,とりわけビジネス法務に精通し,国際感覚・人権感覚に富んだ人材や,国内外の紛争の予防・解決に適切に対処できる人材の養成を図ってきました。

 これを踏まえ,本研究科では,自由で平和な政治経済社会の構築に資する知的・文化的資産を創造し,その指導的担い手となる気概を持った多様な人材を受け入れたいと考えています。そこで,「法律学および国際関係学に関する研究の前提となる基礎的理解力を有し,それを応用し得る基本的な想像力・構想力と表現力を備えていると同時に,主体性を持って多様な人々と協同して学ぶ姿勢のある多様な学生を受け入れる」という方針のもと,様々な出身・経験・知識および問題意識を持ちつつ,法律学・国際関係論に関する専門能力を活かすことのできる職業または研究者を目指している入学志願者に対応するための,多様な入学者選抜の仕組みを採用しています。

 すなわち,(1)修士課程においては,主として研究者志望の学生を対象とする一般入試のほか,社会人特別選考や,留学生を対象とする外国人特別選考,さらには司法試験合格者を対象とする選考を行っています。また,(2)博士後期課程についても,修士課程からの進学者を対象とする選考だけでなく,法科大学院修了者および司法試験合格者を対象とする選考,社会人特別選考を設けています。ここでは,志願者が有している特質に着目した相異なる適性評価の方法が用いられており,公平性はもとより,開放性と多様性への配慮が行われています。これらの入学者選抜方法において審査される学力・能力は,外国語能力,法律学・国際関係論に関する基礎的知識および問題意識,実定法を中心とする法に関する深い素養(司法試験合格者),および社会人としての一定年数以上の実務経験等です。

(アドミッション・ポリシー)