一橋大学大学院法学研究科法学部

入試情報

 一橋大学大学院法学研究科は、一橋大学研究教育憲章がうたう本学の使命・研究教育の理念と基本方針を踏まえ、法律学・国際関係論の分野における新しい「知」の創造を通じて、日本社会・国際社会に貢献することを目標としています。そして、本研究科は、先端的・学際的な研究を遂行できる研究者を養成する一方、高度な知識・能力を備えた専門的な職業人、とりわけビジネス法務に精通し、国際感覚・人権感覚に富んだ人材や、国内外の紛争の予防・解決に適切に対処できる人材の養成を図ってきました。
 これを踏まえ、本研究科では、自由で平和な政治経済社会の構築に資する知的・文化的資産を創造し、その指導的担い手となる気概を持った多様な人材を受け入れたいと考えています。そこで、「基礎的理解力を有すると同時に、それを応用し得る基本的な想像力・構想力を備えた多様な学生を受け入れる」という方針のもと、修士課程においては、主として研究者志望の学生を対象とする一般入試のほか、社会人特別選考や、留学生を対象とする外国人特別選考を行っています。また、博士後期課程についても、修士課程からの進学者を対象とする選考だけでなく、法科大学院修了者および司法試験合格者を対象とする選考、社会人特別選考を設け、公平性はもとより、開放性と多様性に配慮した入学者選抜を行っています。

(アドミッション・ポリシー)