一橋大学大学院法学研究科法学部

ホーム>研究科大学院>法学研究科の特色

法学研究科の特色

 一橋大学大学院法学研究科に設置されている法学・国際関係専攻は,修士課程と博士後期課程からなり,そのカリキュラムは,一般的教養並びに専門的教養を基礎に,社会科学としての法学・国際関係の専攻分野を究め,高い学識と研究能力を養うことによって広く文化の向上発展に寄与できる力や,高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識・卓越した能力を培うことを念頭に置いています。 

 修士課程および博士後期課程の学生に共通していえるのは,各自の研究計画に基づき,①適切な授業科目の選択および履修,②研究活動および学位論文執筆に必要な技術の研鑽,③研究テーマに関する調査および分析,④研究成果の報告または公刊,④学位論文の完成・提出の順で,学修が進められていくということです。学修は所属ゼミナールを中心として進められ,演習指導教員は学生の学修プロセスを完成させるため,各学生の主体性を尊重しつつ指導・助言そして能力評価を行い,随時,上記のプロセスの最適化を図ります。また,円滑な学修に必要な情報が,シラバス,学生便覧,入学時および毎年度のガイダンスを通じて提供されます。

1 修士課程

 修士課程の学生は,修士論文の作成を目的として,指導教員による演習(ゼミナール)と研究指導を中心に,2年間に及ぶ一貫した知的トレーニングを受けることができます。また,先端的な内容を含む本研究科提供科目の履修に加えて,知的基盤を拡充したい学生は,一定の範囲で法学部提供科目や他研究科提供科目も履修できるようになっています。

2 博士後期課程

 博士後期課程には,研究者養成コースと応用研究コースがあります。研究者養成コースは,将来,大学等で研究・教育に従事することを希望する学生を対象に,独立の研究者として高度な基礎理論をふまえて先進的な研究を遂行できる能力を修得することを目的としています。応用研究コースは,将来,研究機関,国際機関,企業等で高度な専門能力を備えた職業人として活躍することを希望する学生を対象に,実務的視点を重視した高度な応用的研究を遂行できる能力を修得することを目的としています。

 どちらのコースに所属する学生も,博士論文の作成を目的として,指導教員による演習と研究指導を中心に,3年間(法科大学院の課程を修了した者は原則として2年間)に及ぶ一貫した知的トレーニングを受けることができます。なお,応用研究コースについては,現職の社会人に開かれたコースであることに鑑み,演習と研究指導を柔軟な形で行なうことができるよう配慮しています。

3 EU研究共同プログラム

 本研究科には,2013年度から,本学大学院生が副専攻に選ぶことができる研究科横断プログラムとして「EU研究共同プログラム」が開設されることになりました。この副専攻プログラムは,すべての研究科の修士課程・博士後期課程並びに専門職学位課程(法科大学院を除く)に在籍する学生に開かれており,プログラムを終了した者には修了証が授与されます。

 必修科目の「EUワークショップ」では,法学研究科,商学研究科,経済学研究科及び社会学研究科からなる4名の教員が共同でゼミ形式の指導を行います。また,原則として外国人講師による,必修科目の「EU Research SkillsⅠ・Ⅱ」と選択必修科目「European StudiesⅠ~Ⅲ」等を通じて,EU・ヨーロッパに関することを学ぶと同時に発信できる能力を身につけられるようなプログラムを組んでいます。

 さらに,EU研究共同プログラムが,法学研究科におかれていることから,本研究科の学生は必要な修得単位数が他の研究科の学生に比べ少なく設定されています。このメリットを享受して,大学院でプラスアルファの能力を身につけ,その後の研究や仕事に活かしてほしいと思います。

(カリキュラム・ポリシー)