• 法科大学院について
  • 在学生の方
  • 入試情報
  • 修了生の方
  • 法科大学院の教員

大学院法学研究科法学部

一橋大学法学研究科法科大学院

エクスターンシップ

法律と実社会の交わる現場に立ち、自らの役割、使命を体感する

将来、法曹として活躍する人材を教育の対象としている法科大学院では、法の論理教育にとどまらず、身につけた法に関する知識を実践的に使いこなすための教育も求められています。2年次夏期に行われるエクスターンシップは、このような点に鑑み行われる研修です。学生は、教育課程の中で実際に法律事務所、企業法務部、官庁、民間団体に派遣され、実務に直接触れることを通じて研修を行います。実社会の中で、法律家にはどのような役割、機能が期待されているのか、実際の問題解決にあたって、どのような能力や知識が必要とされるのか、身をもって体験しながら学ぶことを主眼とした研修です。

対象
法科大学院の2年次学生(既修者1年次学生を含む)

受入先
国内外の法律事務所、企業法務部門、官庁および民間団体。学生自ら交渉して研修受け入れ許可を得た場合も、法科大学院が適当と認めた場合は受入先として認める。

派遣者の決定
研修受入先の一覧を学生に提示し、希望を調査。なるべく希望に近い研修先へ派遣できるよう調整する。

事前指導
派遣に先立って、就業規則などの事前指導を行う。

研修期間
原則として8月または9月。期間は1週間ないし2週間とする。

研修内容
研修生は受入先の指示のもと、与えられた作業、研修プログラムなどに従事する。

報告書
参加学生は、研修終了後速やかに研修報告書を提出する。

評価・合否判定
法科大学院は、研修受入先より評価報告書の提出を受け、参加学生の報告書と合わせて合否判定を行う。