• 法科大学院について
  • 在学生の方
  • 入試情報
  • 修了生の方
  • 法科大学院の教員

大学院法学研究科法学部

一橋大学法学研究科法科大学院

ホーム>法科大学院について>法科大学院の特色

法科大学院の特色

ディプロマ・ポリシー

 一橋大学大学院法学研究科法務専攻(法科大学院)は,一橋大学研究教育憲章が掲げる,「豊かな教養と市民的公共性を備えた,構想力ある専門人,理性ある革新者,指導力ある政治経済人を育成する。」との教育理念を受けて,社会の各分野において,法に関係する指導的役割を担うことのできる人材,幅広い教養を備えた公共的志操の高い法律家の育成を目指しています。これは,現在の日本社会が抱える法的課題を,法律家として,積極的に引き受け,それに対する解決策を,現状を十分に踏まえつつも,法の理念である正義の観点から,現状を評価し,場合によっては現状を打破する方向での革新的な構想を現実的な形で提案しうる人材の育成を目指しているということです。これを一般的な目標としながら,さらに具体化した目標として,(1)ビジネス法務に精通し,(2)広い国際的視野を持ち,(3)豊かな人権感覚を有する法律家の育成を目指しています。

 本法科大学院は,上記目標を達成するために必要なカリキュラムを編成しており,そのカリキュラムに基づいて,各学年次において,進級に際して,定められた必要単位数を取得するとともに,必修科目について設定されたGPA基準を充たすことを厳格に求め,さらに1年生については,進級試験の合格を進級の要件としています。こうした年次要件を最終的に充足した者に対して,法務博士(専門職)の学位を授与することにしています。法科大学院に直接接続する目標は司法試験の合格であることはもちろんですが,一橋大学法科大学院修了者は当然にその水準を満たし,さらに各人の働く分野において指導的役割を果たせるだけの創造的な実践能力を有し,社会に貢献しようとする高い志をもつ人材であることが求められます。