• 法科大学院について
  • 在学生の方
  • 入試情報
  • 修了生の方
  • 法科大学院の教員

大学院法学研究科法学部

一橋大学法学研究科法科大学院

ホーム>入試情報>アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

 一橋大学大学院法学研究科法務専攻(法科大学院)では,以下の3つを基本的なアドミッションポリシーとしています。

1 公平性・開放性・多様性を確保する。

 法科大学院は,試験のみによる知識偏重からプロセスによる法曹養成への転換を目指して始まりました。専門職学位課程で初歩から法を学び,3年(法学既修者認定を得た者は2年)の就学期間を経て司法試験受験資格が与えられ,司法試験の合格者は,1年の司法修習の後,法曹資格を与えられます。法学に純化した学習者だけでなく,広く人材を受け入れることが理念とされています。

 本法科大学院は,このような設立の理念を尊重し,入学者選抜において何よりも,公平性・開放性を重視しています。出身大学や学部,専門の如何を問わず,全国の有為の人材を求めます。それぞれ身につけた素養が法曹として生かせる基盤となっているか,法科大学院において学生が相互に高め合う存在として意欲的に取り組めるか,司法試験合格が目標ではなく,法曹としての高い志をもっているかを評価します。このことが,結局,人材の多様性をもたらすものと考えています。

2 法律学の基礎的な学識を有する者とともに、多様な知識・経験を有する者を受け入れる。

 法は,社会のあらゆる分野に及んで,人の生活に関係しています。公正な法の運用は,複雑化した現代社会においてますます重要性を増しています。他方で,法の扱う対象も,法の体現すべき正義も,利害関係の対立も,時代とともに動いていきます。正確な法律学の学識ある者が求められるのはもちろんですが,このような状況において,法曹としての的確な活動が期待されるとき,必要なのは,現時点における細かい知識の豊富さよりは,時代を超えて維持されるであろう,また,維持されるべきである基礎的な学識であり,その応用力です。また,扱う領域が広いこと,他方で,専門化が進む社会において法律家にも専門性が求められる場面が増加すること等を考慮すると,多様な知識・経験を土台として有する人々が,法的知識・技能を身につけることが重要だと考えられます。

 本法科大学院は,このような考え方に基づき,問題意識をもって丁寧に法律を学んできた者と,法については素人であるが,それぞれの分野での知識を蓄え,経験を積んできた人々を広く求めています。

3 社会人・他学部出身者については、活動実績及び学業成績を適確に評価することにより、専門職大学院設置基準が求める程度の人数が入学できるようにする。

 専門職大学院設置基準は,入学者の3割が社会人・他学部出身者となるように努力目標を設定しています。これは,上記の1・2の理念を現実のものとするための基準です。

 本法科大学院では,1に掲げたような公平性に留意しながら,2に示した理念を体現すべく,社会人としての活動実績を適確に評価するように工夫し,他学部出身者についても,各人がそれぞれの分野で取り組んだ学業の成果を法曹としての学習の土台として適切に評価するように努めています。