Law Review

一橋ローレビュー執筆要領・投稿規程

  • 第1 執筆要領

    1 原稿は,横書きとすること。使用するワープロソフトは,極力編集委員会の要請に従うこと。
     
    2 使用言語は,原則として日本語とする。なお,編集委員会と協議のうえそれ以外の言語を使用することができるものとする。
     
    3 本誌に掲載する原稿の字数の上限目安は,以下の通りとする(図表,引用文献,注などを含む)。
     
    論文         24000字程度
    リサーチペーパー   20000字程度
    事例研究及び判例評釈 15000字程度
    コラムやその他    10000字程度
     
    4 用紙サイズはA4,1頁40字×35行とする。余白は上35mm,下30mm,左右30mmとする。
     
    5 文字の大きさは,10.5ポイントのMS明朝とする。ただし,注や目次は9ポイントとする。
     
    6 文字のフォントは,英字及び数字は半角のセンチュリーとし,それ以外は全角のMS明朝とする。
     
    7 句読点は,読点は全角の「,」(カンマ),句点は全角の「。」とする。
     
    8 章(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ),節(1,2,3,)の見出し番号は統一する。

    9 冒頭に章見出しのみをとりだした目次を付す。

    10 注は原則としてすべて脚注とし,番号は全体を通した番号とすること。

    11 文献の引用方法については,法律編集者懇話会作成「法律文献等の出典の表示方法」(神戸大学大学院法学研究科のウェブサイトで閲覧できる。)の引用方法の例に準拠する。

    12 インターネット上の文献は更新される可能性があるため,紙媒体の文献が無い場合にのみ引用するものとする。その際には,「『記事名』<URL>(最終アクセス日)」のように記載する。

    13 上記にない事項については,法律論文の一般的な形式にもとづき,執筆者と編集委員会の協議により決する。

    第2 投稿規程
    1 投稿資格
    ① 一橋大学法科大学院在籍者、同修了生
    ② 一橋大学法科大学院教員
    ③ その他、編集委員が適当と認めた者

    2 原稿内容
    (1) 法学・政治学,法律実務,法科大学院等に関する未発表の論文,研究ノート,リサーチペーパー,判例評釈その他で,本誌の趣旨に沿うものについて投稿することができる。他誌に掲載済のものまたは著しく重複するものは掲載することができない。ただし、招待論文については、この限りではない。

    (2) 投稿原稿には,理論的又は実務的見地から一定の新規性・創造性を有していることが求められる。ただし,審査に際しては,投稿者の属性に応じた配慮をすることができる。

    3 審査
    (1) 提出された原稿は,本誌への掲載にふさわしい水準・内容であるか否かにつき,総合的な審査をうける。審査は,内容によって,編集委員会による予備審査と編集委員会外部の専門家による査読を経るものとする。

    (2) 編集委員会は,投稿者に対して,予備審査・査読に基づいて,原稿の修正を要請することができ,その結果によって掲載の可否を決する。
     
    4 掲載方法
    一橋大学法科大学院のウェブサイト上にアップする形で掲載することとする。

    5 投稿・刊行時期
    投稿を希望する者は,随時編集委員会に申し込み,原稿を提出することができる。ただし,申込年の9月1日以降に提出された原稿については,次年以降に刊行される本紙への掲載対象として扱われることがある。
    刊行は,1月中旬とする。(予定)

    6 提出方法
    提出者は,原稿データを,編集委員会まで,Eメールに添付して送付する。メール本文に,以下の事項を記載すること。
    (1) 論文標題(サブタイトルを含む)及び論文標題の外国語表記
    (2) 執筆者名・所属(肩書き)
    (3) 論文目次
    (4) 論文の趣旨(1000字程度)―論文の要約,および理論上・実務上有する意義等について簡潔に説明すること。

    7 審査結果の通知
    審査結果は,原稿を提出されたメールアドレスに,Eメールで通知する。通知の時期は,原稿受領時に知らせる。
     
    8 著作権
    投稿された原稿の著作権は,全て提出者に帰属するものとする。

    9 その他
    提出者は、上記執筆要領及び投稿規程に同意したものとする。

    以上